DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
カッシーニが見た地球
土星の環から地球が見えた、NASAが写真公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

故郷は確かにそこにあると。
点にしか見えなくても。
探査機から送られてきた画像にそれを見つけたとき科学者達はなにを思ったのだろうな。
興味深い。

関連
カッシーニが土星と環の間の通過に成功 | Kyan's BLOG V
火星周回軌道上の探査機から見た地球と月 | Kyan's BLOG V (2017/01/15付)

故郷は地球―佐々木守 子ども番組シナリオ集
故郷は地球―佐々木守 子ども番組シナリオ集
22:13 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
ラハイナ・ヌーン
ハワイは緯度の関係で、太陽が真上に来る日(ラハイナ・ヌーン)が年に2回訪れます。

ラハイナ ハイナ ハイナ プリティー♪
って歌い出しの,杏里さんの「マウイ ムーン」を思い出したのは私だけでよい(笑)
南北回帰線の間で起こる現象か。
いわれてみれば納得はする。
そういえば,エラトステネスはシエネの井戸の底に夏至に太陽の光が届くのを利用して地球の大きさを測ったというのを中学の理科の時間に習った記憶がある。

参考
Lahaina Noon - Wikipedia
エラトステネス - Wikipedia

マウイ ムーン
マウイ ムーン
21:22 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
太陽フレア爆発の前兆現象の観測に成功
名古屋大学 宇宙地球環境研究所長の草野完也教授が参加する米国、中国、日本の国際共同研究チームは、太陽フレア爆発の前兆現象の詳細観測に成功した。この観測は、世界最大の太陽望遠鏡である米国ビッグ・ベア太陽観測所のニュー・ソーラー・テレスコープによる史上最高精度の太陽観測によって行われ、新たなフレア発生予測につながる成果として注目される。

致命的なことにならないうちに予測の精度を高めてほしいものだ。
時間が稼げればなんとかできる局面も多かろう。
そういえば,こういう研究にはどれくらいの予算が付いているのだろう?
ちょっと気になった。

世界最大の太陽望遠鏡によって太陽フレア前兆現象の詳細観測に成功【米中日の国際共同研究】 – 新学術領域研究 太陽地球圏環境予測

参考
Big Bear Solar Observatory - Wikipedia

関連
Kyan's BLOG III: 太陽活動極大で大規模停電の可能性 (2009/04/29付)

無常の月 (ハヤカワ文庫 SF 327)
無常の月 (ハヤカワ文庫 SF 327)
20:22 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
カッシーニが土星と環の間の通過に成功
NASA/ESAの土星探査機カッシーニが、20年におよぶ活動の最終ミッション「Grand Finale」を開始しました。このミッションでは土星本体とその輪の間へと飛び込み、史上もっとも近くから土星や輪の内部を観測します。初回の"ダイブ"は4月26日に行われ、通信が回復した27日には土星の輪の内側からの写真も届きました。

最長で9月15日までを予定しているGrand Finaleミッションでは、22回にわたって土星の輪の内側を通過する予定。「最長で」と書いたのは、土星に接近するあまり、その重力に引き寄せられて大気圏に落下してしまったり、土星の輪の粒子がカッシーニの機器を破壊してしまう可能性があるため。

NASA/ESAはカッシーニが搭載するパラボラアンテナをシールド代わりにすることで輪の粒子の衝突からカッシーニを守ることを思いつき、土星の輪の内側約200マイル(約322km)、土星本体の雲からは1900マイル(約3060km)の位置を時速12万kmで通過した初回の"ダイブ"をみごとに成功させました。

まずは成功おめでとう>カッシーニと彼女の運用者の皆さま
それにしても22回にわたって輪くぐりか。
探査機は過酷だ。
それでも,所期の目的を達成することがそのように作られた機械にはなによりの喜びであろう。
彼女が無事に任務を全うできますように。

Cassini: The Grand Finale

参考
カッシーニ (探査機) - Wikipedia

関連
カッシーニが土星と土星の環の間を通過 | Kyan's BLOG V

Amazing Pictures and Facts About Saturn
Amazing Pictures and Facts About Saturn: The Most Amazing Fact Book for Kids About Saturn
22:08 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(2) | permalink
カッシーニが土星と土星の環の間を通過
4月26日09時(以下、すべて日本時間):土星と土星の環、それに22回の周回ミッションに向けて、土星北極方面へ移動
4月26日17時34分:突入に向け回転し、アンテナを前方へと移動
4月26日18時:土星と土星の環の間を通過、通信は途絶
4月27日16時以降:カッシーニとの通信が復活予定
4月27日16時30分以降:カッシーニからの画像を受信

もうすでに土星と環の間に突入したのですね。
通信が復活するのは明日。
ミッションの成功と彼女の無事を祈ります。

News | Cassini's First Grand Finale Dive: Milestones - JPL

参考
カッシーニ (探査機) - Wikipedia

NASA/ESA/ASI Cassini-Huygens: 1997 onwards
NASA/ESA/ASI Cassini-Huygens: 1997 onwards (Cassini orbiter, Huygens probe and future exploration concepts) (Owners’ Workshop Manual)
19:40 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(1) | permalink
Lilium Jet,初飛行に成功
動画:2人乗り電動VTOLジェットが初飛行に成功。2019年の有人飛行、将来のエアタクシー実用化目指す - Engadget 日本版

確かに飛んでるなぁ・・・
かなり遅くふらふらと・・・
テスト飛行なのもあるだろうけれど・・・
むぅ・・・
乗らずにすむならそうしたい(苦笑)
なにはともあれ,初飛行おめ>Lilium Jet

Lilium

関連
Lilium Jet - 小型・安価な電動VTOL | Kyan's BLOG V (2016/05/12付)

XCSOURCE 70mm ダクト 6-ローターファン
XCSOURCE 70mm ダクト 6-ローターファン 3000KV ブラシレスアウトランナーモーター バランステスト EDFジェット飛行機対応 RC380
21:30 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
中国が「天舟1号」の打ち上げに成功
中国、初の宇宙貨物船「天舟1号」打ち上げに成功 国際ニュース:AFPBB News

着々と階梯を上っておりますな。
今度は軌道上への物資輸送。
さすが大国なのに中国。
決して侮るべからず。

参考
Tianzhou 1 - Wikipedia

ピットロード 1/48 中国 軌道実験モジュール 天宮1号&宇宙船 神舟8号 L4804
ピットロード 1/48 中国 軌道実験モジュール 天宮1号&宇宙船 神舟8号 L4804
20:40 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
Event Horizon Telescope
天文学者たちは、ついにブラックホールの撮影に初めて成功した可能性がある。厳密に言えば、ブラックホールの本体ではなく、それを取り巻く「事象の地平線」と呼ばれる不思議な領域だ。ひとたびこの境界線を越えると、光さえブラックホールの魔の手から逃れられなくなる。

どうやって撮影したのかと思えば,Event Horizon Telescope(EHT)なんてものがあるのですね。
成否の発表が楽しみです。
秘密を暴かれたといってブラックホール第3惑星人が攻めてきたりしませんように(誤爆)

関連
研究の背景 - Event Horizon Telescopeとは? | サブミリ波VLBI
小口径望遠鏡でも「ブラックホールのまたたき」が見えるかもしれない | Kyan's BLOG V

ブラックホール: アイデアの誕生から観測へ
ブラックホール: アイデアの誕生から観測へ
20:03 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
エンケラドスから吹き上がるプルームに水素が存在するそうな
エンケラドスは、厚い氷に覆われた土星の衛星で、氷の層の下には海が広がっていると考えられている。今回、無人探査機「Cassini(カッシーニ)」の観測データによって、その表面の割れ目から吹き出している水蒸気の柱(プルーム)の中に、水素が存在するということが明らかになった。この噴出は、海底の熱水活動によるものだと推測されている。

水が分解したものではないということか。
近くでマッチを擦ってみたくなった(誤爆)
そのうちに探査機が氷に穴を開けるのだろうな。
かの星の生命と戦争になったりしませんように(−人−)

News | NASA Missions Provide New Insights into 'Ocean Worlds' in Our Solar System
Cassini finds molecular hydrogen in the Enceladus plume: Evidence for hydrothermal processes | Science

参考
エンケラドゥス (衛星) - Wikipedia

Enceladus: Journal With Cover Art by Nasa
Enceladus: Journal With Cover Art by Nasa (Visions of the Future)
21:41 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
U-Lion
VTOL可能な飛行機型ドローン「U-Lion」 シンガポールで開発中 | sorae.jp

離陸時に主翼を畳んでおけるのがポイントやね。
浮上時に余分な抵抗を減らすということか。
原子力エンジンを積めば国際救助隊が採用しそうだ(爆)

関連
Project Wing from Google[x] | Kyan's BLOG V (2014/09/01付)
#そういえば,これはどうなったんだろう?

青島文化教材社 1/200新世紀合金サンダーバード1号
青島文化教材社 1/200新世紀合金サンダーバード1号
このエントリーをはてなブックマークに追加
22:12 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
<< | 2/51PAGES | >>