<< 20万円で世界一周 | main | 2018年 初日の出の時刻表 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
琉神マブヤーARISE 最終話
環境変化にともなう生息域の変化や人為的な移動によってハイブリッド生物が生じることによる恐ろしさを見事に可視化した一本(笑)
まぁ,アカマタとハブに交雑が可能かどうかは不勉強なことに知らないのだけれど(苦笑)
しかし,それの地球の営みの一部ではある。
人類がいつまでも栄えているはずもなし,1億年くらいしたらなにが地上を歩いているのやら。

驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界
驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界

気絶した課長を車に。
しかし,黒潮が消えたことで寒気を感じる。
うん,であれば車の窓くらいは閉めていきたまへ(苦笑)>マブヤーとカナミー
DVD版でもそのままであることを望む(笑)

ということで,琉神マブヤーARISEはここまで。
とても楽しく見ることができました。
出演者と作り手の皆さまに感謝いたします。

琉神マブヤー公式サイト

参考
琉神マブヤーARISE - Wikipedia
このエントリーをはてなブックマークに追加
11:26 | 琉神マブヤー | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9735
トラックバック