<< Intel 4004 | main | アリを操る寄生菌 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
日馬富士と沖縄の新聞
<社説>日馬富士暴行問題 品格ない横綱は引退を - 琉球新報
港使用許可したが・・・翁長知事、沖縄防衛局に海上搬送の停止要求 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

私としてはプロスポーツの一つでしかない相撲のファンでもないので今回の事件にとくに感慨はないのだけれど,沖縄の二紙はそうではないらしい。
これまで散々,琉球は独立国だったのに侵略されて搾取を受けたの,廃藩置県でなし崩しに日本に取り込まれたの,果ては独立だなどといっておきながら,日本の国技らしきものには物申したいと。
私には理解しづらいことだけれど,ま,言論の自由の範囲ではあるよね。
読者に受け入れられなければ新聞も売れないので大変ではある。

参考
日馬富士公平 - Wikipedia

沖縄の「岐路」―歴史を掘る未来を開く (沖縄タイムス・ブックレット)
沖縄の「岐路」―歴史を掘る未来を開く (沖縄タイムス・ブックレット)
このエントリーをはてなブックマークに追加
11:41 | 政治・経済 | comments(0) | trackbacks(1) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9678
トラックバック
とある軽量力士の引退
[大弦小弦]「横綱の名前を傷つけぬよう責任を取りたい」… | 大弦小弦 | 沖縄タイムス+プラス「横綱の名前を傷つけぬよう責任を取りたい」。日馬富士が突然の引退を表明した。力士としては137キロの軽量ながら、低い姿勢からの鋭い立ち合いを二度と見ることはで
Kyan's BLOG V | 2017/11/30 11:31 AM