<< 続・台風第18号 (タリム) | main | 土星探査機カッシーニがミッションを完遂 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
「優性」は「顕性」,「劣性」は「潜性」
メンデルの遺伝学の訳語として使われてきた「優性」「劣性」は、遺伝子の特徴の現れやすさを示すにすぎないが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすい。「劣性遺伝病」と診断された人はマイナスイメージを抱き、不安になりがちだ。日本人類遺伝学会とも協議して見直しを進め、「優性」は「顕性」、「劣性」は「潜性」と言い換える。

そういう時代なのね。
ところで,英論文では優性を意味した“dominant(支配的な)”と劣性を意味した“recessive”も言い換えられるのかしら?
知りたく思う。

遺伝単―遺伝学用語集 対訳付き
遺伝単―遺伝学用語集 対訳付き (生物の科学 遺伝 別冊No.22)

参考
優性 - Wikipedia
このエントリーをはてなブックマークに追加
10:57 | 生き物 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9560
トラックバック