<< シズルのデザイン | main | 粟国でハブを初めて確認 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
説得が悪なら対話には意味がない
辺野古新基地建設問題で前原氏は推進する立場である。日米合意を重視し「沖縄の皆さんを説得することが大事ではないか」との考えを示す。
前原氏に聞きたい。沖縄は選挙で何度も何度も新基地反対の民意を示している。それを無視して強行に新基地建設を進める安倍政権の姿勢を容認するということなのか。

いあ,反対だから説得することが大事だといっているわけだよね。
なにも変なことはないと思うのだが。
沖縄タイムスだって常日頃から対話が大切だと説いているではないか。
当方は民進党を支持しないけれど,言いがかりは良くない。

関連
民進党新代表に前原誠司氏 | Kyan's BLOG V

言葉を「武器」にする技術 ローマの賢者キケローが教える説得術
言葉を「武器」にする技術 ローマの賢者キケローが教える説得術
このエントリーをはてなブックマークに追加
11:34 | 政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9543
トラックバック