<< 地球の解熱 | main | 平成29年度富士総合火力演習 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
大浦湾開発
大浦湾を臨む名護市汀間に7月、「大浦湾開発」という会社が事務所を構えた。立ち上げたのは地元・名護漁協の漁師46人。漁業だけでは今後の暮らしが先細りすると、大浦湾で進む新基地建設に絡む作業や海上警備などの受注を目指す。一方、汀間の住民の多くは新基地に反対しており、摩擦が起きないかとの心配も出ている。

おお!
未来を見据えて行動を起こした漁師の皆さまの健闘をお祈り申し上げます。
感情で突っ走る破壊活動などに巻き込まれたりしませんように。

関連
名護漁協が漁業補償締結 | Kyan's BLOG V

3時間でわかる漁業権
3時間でわかる漁業権

JUGEMテーマ:沖縄

このエントリーをはてなブックマークに追加
18:07 | 政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9522
トラックバック