<< 退位特例法が成立 | main | パイロットの酸欠でF-35の飛行を一部停止 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
警告の点灯
整備が万全ならば「警告が点灯」することはないはずだ。

逆です。
ちゃんと整備されているからこそ警告が点灯したんです(藁
警告の重大さも理解できないようで。
嘆かわしい限りです。
テクノロジーのお話なので「科学技術」にカテゴライズ。

関連
マグネット式エコエンジン - Kyan's BLOG IV

中性子星
中性子星 (ハヤカワ文庫 SF―ノウンスペース・シリーズ (400))
このエントリーをはてなブックマークに追加
19:46 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(1) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9310
トラックバック
米軍のCH-53が不時着炎上
炎上ヘリ、住宅から200メートル 米軍CH53、民間地で大破 沖国大墜落機の後継型 - 琉球新報 炎上するほどの事故でありながら死傷者が出ずになにより。 操縦者が「ちゃんと整備されていたら故障するはずはない」などと思わず細心の注意を払って運航している
Kyan's BLOG V | 2017/10/12 11:10 AM