<< JR福知山線脱線事故から12年 | main | Lilium Jet,初飛行に成功 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
1万円札×4枚を4万7300円で売る
メルカリでは、1万円札×4枚を4万7300円で売る――など、現行の1万円札を額面以上の金額で販売する出品が多数あった。落札者の目的は定かではないが、落札金額をクレジットカードで決済することで、カード枠の現金化に使っているのでは、という指摘もある。

ほう。
実際問題として額面よりも高く売れるわけですか。
興味深く思います。
映画「マルサの女」で,表に出せないいわゆる裏金を表に出せると高額当選の宝くじを1割ほど高く売る話があったのを思い出しました。

マルサの女<Blu-ray>
マルサの女<Blu-ray>
このエントリーをはてなブックマークに追加
20:30 | ネットワーク | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/9169
トラックバック