<< 1千万台のポンプで北極海の氷を厚くする計画 | main | おとちん >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
気球を一定の場所に漂わせるアルゴリズム
Alphabetの(Googleの)Project Loonの気球が一定の場所に静止できるようになった | TechCrunch Japan

係留することなく気球を一定の空間に閉じ込めておけるアルゴリズム・・・
最初に放つ位置と気流と高度調整,気球の形状がパラメータかな?
それで空気が滞留する,いわば「吹きだまり」を見つけるということか?
もし地球規模である程度狙った場所に気球を浮かべておけるなら画期的だと思う。

How Project Loon’s smart software learned to sail the winds

関連
22日間世界一周 | Kyan's BLOG V (2014/04/10付)
このエントリーをはてなブックマークに追加
21:08 | ネットワーク | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/8954
トラックバック