<< JD | main | 南極のラーセン棚氷に割れ目 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
台湾・小琉球島
役場、学校、市場、特産品にも…行く先々に「琉球」看板 台湾・小琉球島一周ルポ | 沖縄タイムス+プラス

領土問題や漁業権で揉めていても「琉球」はブランドであると。
利のあることが正義。
これが人間よね。
興味深く思う。

参考
尖閣諸島問題 - Wikipedia

関連
プチ沖縄島 | Kyan's BLOG V

台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」 (講談社+α新書)
台湾で見つけた、日本人が忘れた「日本」 (講談社+α新書)
このエントリーをはてなブックマークに追加
21:38 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(1) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/8750
トラックバック
宮崎・リトル沖縄
シーサー、織物、あの揚げ菓子も…宮崎の「リトル沖縄」 - 沖縄:朝日新聞デジタル ふむ。 こういうところからすると,母なる沖縄は「大琉球」だったりするのかもしれませんね。 人類が宇宙に進出した頃にはどこかに「ネオ・オキナワ」なんて名付けられた惑星がで
Kyan's BLOG V | 2017/09/21 6:47 PM