<< フォーミュラE 3rd season 香港 | main | Windows Vistaのサポート終了まで半年 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
プチ沖縄島
ブラジル・リオデジャネイロ州沿岸部の港町アングラ・ドス・レイス市のイーリャ・グランデ(グランデ島)に、県系人が多く住む集落がある。リオ州は日系人が少なく、同島にウチナーンチュ・コミュニティーがあることは、現地県系人の間でもあまり知られていない。島にウチナーンチュが住むようになってから80年以上がたつが、島の人々は沖縄文化を受け継ぎ、今ではリオの「プチ沖縄島」と呼べるほど沖縄の伝統が根付いている。

こう言ってはもの凄く失礼なのは自覚していますが,まるで平家の落人村が見つかったかのような描写だと思いました(苦笑)
遠い未来,宇宙に進出した人類が新天地を見つけてそこに根付き,さらに遠い未来にそこを訪れた子孫がかつての人類の文化ってこんなだったんだと感動する。
そんなことが起こると良いなと思う私はSFもの。

天翔ける十字軍 (1966年)
天翔ける十字軍 (1966年) (ハヤカワ・SF・シリーズ)
このエントリーをはてなブックマークに追加
19:15 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(2) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/8338
トラックバック
台湾・小琉球島
役場、学校、市場、特産品にも…行く先々に「琉球」看板 台湾・小琉球島一周ルポ | 沖縄タイムス+プラス 領土問題や漁業権で揉めていても「琉球」はブランドであると。 利のあることが正義。 これが人間よね。 興味深く思う。 参考 尖閣諸島問題 - Wikipedi
Kyan's BLOG V | 2017/01/09 9:38 PM
宮崎・リトル沖縄
シーサー、織物、あの揚げ菓子も…宮崎の「リトル沖縄」 - 沖縄:朝日新聞デジタル ふむ。 こういうところからすると,母なる沖縄は「大琉球」だったりするのかもしれませんね。 人類が宇宙に進出した頃にはどこかに「ネオ・オキナワ」なんて名付けられた惑星がで
Kyan's BLOG V | 2017/09/21 6:47 PM