<< 日本年金機構から個人情報 125 万件が流出 | main | 隣人として諭すべき >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
純粋にサンゴ礁を壊してほしくないとの思い
安倍晋三首相の夫人、昭恵さんが名護市辺野古の新基地建設に伴う海域の埋め立てに反対の意見を持っていることが分かった。発売中の「週刊現代」(6月13日号)のインタビューで「本心を言うと、辺野古の飛行場も海の上には造らないでほしい」と答えた。一方で、辺野古新基地建設の賛否については触れていない。

インタビューは5月20日に同誌の橋本隆記者が取材。橋本氏は「純粋に、サンゴ礁を壊してほしくないとの思い。サンゴ礁を傷つけない方法はないのか、という発言もあった」と沖縄タイムスに答えた。

ふむ。
珊瑚礁を傷つけなればどこでもかまわないと日本のファーストレディは思っておられるということですね。
興味深うございます。
夫君を二度も総理の座に押し上げた掛け値なしの縁の下の力持ち。
次はなにを語られるのか。
楽しみではあります。

参考
安倍昭恵 - Wikipedia

週刊現代 2015年 6/13 号 [雑誌]
週刊現代 2015年 6/13 号 [雑誌]

JUGEMテーマ:沖縄
このエントリーをはてなブックマークに追加
11:59 | 政治・経済 | comments(0) | trackbacks(1) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/5847
トラックバック
私なりの第一歩
「私なりの第一歩」 高江訪問で首相夫人 - 琉球新報 首相夫人が身一つで現場まで行かれましたか。 なかなかの豪傑でいらっしゃる。 さすが夫君を二度も総理大臣に押し上げただけはございますな。 これからもご自分らしい視点で発信を続けてくださいませ。 です
Kyan's BLOG V | 2016/08/10 4:56 PM