<< アンナカ | main | 山の日 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
名護漁協が漁業補償締結
沖縄防衛局や名護漁協は、補償額を明らかにしていませんが、関係者によりますと、20数億円から30億円程度に上るということです。
名護漁協の幹部は、NHKの取材に対して、「補償額は言えないが、契約を結んだことは間違いない。
去年3月に埋め立て同意書を出してずっと調整してきたことだ」と話しています。

約束が反故にならずに履行されるようでなにより。
これで名護の漁民に関して一段落でしょうね。
漁業権を失った彼らの新しい生活が成り立つように願います。

関連
名護漁協,辺野古埋め立てに合意 | Kyan's BLOG V

日本漁業の真実
日本漁業の真実 (ちくま新書)

JUGEMテーマ:沖縄
このエントリーをはてなブックマークに追加
17:14 | 政治・経済 | comments(0) | trackbacks(2) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/3992
トラックバック
移設計画で地元住民が工事の安全対策などを要請
移設計画で地元住民代表が要請 - NHK沖縄県のニュースアメリカ軍普天間基地の移設計画が進められている名護市辺野古沿岸部に近い3つの地区の代表が、29日、県庁に仲井真知事を訪ね、移設工事での安全対策や、地域の生活基盤の整備などを求めました。 当然の要求
Kyan's BLOG V | 2014/08/29 6:08 PM
大浦湾開発
漁業だけでは先細り… 辺野古新基地の請け負い目指す 会社を設立した漁師の胸中 | 沖縄タイムス+プラス大浦湾を臨む名護市汀間に7月、「大浦湾開発」という会社が事務所を構えた。立ち上げたのは地元・名護漁協の漁師46人。漁業だけでは今後の暮らしが先細りす
Kyan's BLOG V | 2017/08/28 6:07 PM