<< 猫は補食獣 | main | 国防予算強制削減 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
Google ChromeやFirefoxが一部サイトを「不正サイト」としてブロック
4日16時現在では、スポニチアネックス(www.sponichi.co.jp)やピクシブ百科事典(dic.pixiv.net)にGoogle Chromeでアクセスすると、「ウェブサイトの不正なソフトウェアを事前に検出しました」「不正なソフトウェアを事前に検出しました」といった警告が表示される。また、ピクシブ百科事典はFirefoxでアクセスした場合も「攻撃サイトとして報告されています」という警告が表示され、サイトにアクセスできない。
Googleでは、マルウェアを配布しているサイトの情報を「Safe Browsing API」として提供しており、Google ChromeやFirefoxはこのAPIをマルウェア配布サイトなどへのアクセスブロック機能に利用している。

ということなので,Google ChromeやFirefoxでサイトが見られない場合は,Google Safe Browsingを使っていないIEやOpera等なら見られます。
もちろん, Safe Browsingのブロックが正しい可能性はあるので念の為。

関連
日本気象協会、ピクシブ百科事典などが「攻撃サイト」としてアクセスブロックされる現象が発生 - GIGAZINE

JUGEMテーマ:Google
このエントリーをはてなブックマークに追加
19:12 | ネットワーク | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog5.catcat.boo.jp/trackback/1661
トラックバック