<< 200パーセントの力を出して死ぬ気で | main | 名作文学アンソロジー 太宰治 人間失格 >>
DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
F1GP2012 USA
初代オースティンの王者はルイス・ハミルトンに: FMotorsports F1

勝ったのはマクラーレンのハミルトン,2位にレッドブルのベッテル,3位にフェラーリのアロンソ。
ワールドチャンピオン経験者そろい踏みの豪華な表彰台でしたが,レース後に彼らにインタビューしたのがなんとマリオ・アンドレッティ!
御年72歳。
お元気でなにより。

とても贅沢に作られた新しいオースティンのサーキットでのレースも素晴らしく,トップと2位が競り,2位だったハミルトンがコース上でベッテルを抜いて首位に立つ様を見ることができました。
こんなに手に汗握ったのは久しぶり。
これが,これこそがレースの醍醐味だと思います。

ワールドチャンピオン決定も次回の最終戦のブラジルまで持ち越し。
実に楽しみです。

参考
マリオ・アンドレッティ - Wikipedia

関連
Yahoo! Formula 1
F1 GRAND PRIX 2012 - BSフジ

Mario Andretti: Grand Prix Hero [DVD] [Import]
Mario Andretti: Grand Prix Hero [DVD] [Import]

JUGEMテーマ:F1
このエントリーをはてなブックマークに追加
00:05 | 乗り物・モータースポーツ | comments(0) | trackbacks(3) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
F1 2012 第19戦 アメリカGP 決勝
ドライバーズタイトル決定の可能性もあるF1第19戦、新規の「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で復活したアメリカGP。予選ではベッテルがハミルトンと0.1秒差ながら圧巻のポール獲 ...
VAIOちゃんのよもやまブログ | 2012/11/20 12:15 PM
初開催のF1アメリカGP、ハミルトン優勝、ベッテルのチャンピオン決定ならず
実際にレース映像は見ていないので、サイト情報からの記載となるのであしからず。F1アメリカGPは新設されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された。 新設サーキットということで各チームとも情報は皆無であったが、予選を見る限りはレッドブルの速さが際立
【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど) | 2012/11/20 8:09 PM
チャンピオンは最終戦へ(2012第19戦アメリカGP)
久々開催のアメリカGP、大盛況のなか優勝したのはマクラーレンのL.ハミルトンでした。チャンピオンシップリーダーでレッドブルのS.ベッテルは2位、フェラーリのF.アロンソが3位に入ったため、ここでワールドチャンピオンが決まることはなくなり、次の最終戦となるブラジ
E's Monologue. | 2012/11/23 5:34 PM