DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
光子顕微鏡
光を構成する最小単位の光子一つを観測することができる光子顕微鏡を開発した、と産業技術総合研究所(産総研)がこのほど発表した。これまでの光学顕微鏡では不可能だった極めて弱い光も検出してカラー画像を撮影することに世界で初めて成功したという。研究成果は英科学誌に掲載された。

光子ひとつ・・・
むぅ・・・
想像もつかないけれど,やがて研究分野で普通に使われるようになるのだろうな。
「十分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」というクラークの法則に逃避して良いですか?(^^;

産総研:光子一つが見える「光子顕微鏡」を世界で初めて開発
Few-photon color imaging using energy-dispersive superconducting transition-edge sensor spectrometry : Scientific Reports

顕微鏡で見るミクロの世界―仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる
顕微鏡で見るミクロの世界―仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる
22:11 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
北朝鮮は日本列島を沈没させる手段を持っているらしい
北朝鮮「日本列島沈没しても後悔するな」などと威嚇 | NHKニュース

北朝鮮は日本列島を沈没させるだけの地殻変動を起こせるらしい・・・
なんとおそろしい・・・
しかし,それほどの変動が近くで起これば朝鮮半島も無事では済みそうもないのだが,ま,そこは将軍様のご威光で守られているので大丈夫なんだろうな:-p
「科学」にカテゴライズ。

日本沈没 上 (小学館文庫 こ 11-1)
日本沈没 上 (小学館文庫 こ 11-1)
#もしかして,これは北朝鮮でも読めたりするのか?
13:01 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
潮汐固定
フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪 - ねとらぼ

まぁ,それくらいは笑って許せる範囲だと思う(苦笑)
現実にずっと地球に同じ面を向けているわけですし。
なんといっても,見なければ月が存在するかもあやふやなだというのが現在の科学なわけですから:-p

参考
Tidal locking - Wikipedia

青島文化教材社 謎の円盤UFO ムーンベース
青島文化教材社 謎の円盤UFO ムーンベース
#地上からこれが見えても困るしね(爆)
22:08 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
熊本地震から1年
熊本地震から1年 傷痕、今も深く “仮住まい”4万7725人 - 熊本日日新聞

あれから1年。
被災された皆さまにお悔やみとお見舞いを申し上げます。
明日は自分が立っている大地が揺れるかもしれない。
努々心するべし。

参考
熊本地震 (2016年) - Wikipedia

関連
Kyan's BLOG V 検索結果: 熊本 地震

平成28年熊本地震 特別報道写真集 -発生から2週間の記録-
平成28年熊本地震  特別報道写真集  -発生から2週間の記録-
13:15 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
Stad Ship Tunnel
世界初、大型船舶が通れるトンネル建設へ ノルウェー 国際ニュース:AFPBB News

半島の根元に長い穴を掘ると。
海水が出いるするたびに長い間には削られそうだけれど,そこを持ちこたえるのが技術なのであろうな。
ところで,出入り口をどこぞの秘密基地みたいに滝で偽装する計画はありませんか?(誤爆)

参考
Stad Ship Tunnel - Wikipedia
#計画自体は前からあるようで。

トンネル工法の“なぜ"を科学する
トンネル工法の“なぜ
21:55 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
Moondrop
ただし、Moondropの円筒は単純に落ちるのではなく、地球、月、火星の表面で物が落下する速度を再現する。地球の重力を1とすると、月はその約6分の1、火星はその約3分の1と弱く、それぞれ物体の落下速度は地球に比べ遅い。Moondropの「Earth」は地球で、「Lunar」は月で、「Mars」は火星で物の落ちるようすを、デスク上で再現してくれる。

スライダがゆっくりと落ちる仕組みは、レンツの法則を応用して実現させた。Moondropの軸内部には強力な磁石が組み込まれており、その周囲を銅またはアルミニウムで作られたスライダが落ちる際に移動すると、スライダに誘導電流が生ずる。この誘導電流はスライダの動きを妨げる方向の磁力を発生させるため、落下速度が遅くなるのだ。

ふむ。
なかなかにそそられるアイテムではある。
非接触で制動するというのが良い。
いろいろな着眼があるものだ。
1日中ひっくり返して遊べそう(笑)

MOONDROP- Fidget desk toy displaying gravity on the MOON by Kristoph Krisjans ― Kickstarter

参考
レンツの法則 - Wikipedia

木製パズル kigumi ピサの斜塔 ペンスタンド
木製パズル kigumi (キグミ) ピサの斜塔 ペンスタンド
22:26 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
Joto - a robotic drawing board
【やじうまWatch】スマホに描いた絵や文字をそっくりそのままホワイトボードに表示する伝言デバイス - INTERNET Watch

描画方法がステキ。
絵心はないけれど1台ほしい(笑)
まぁ,スマホはいらないけれど(爆)

Joto - a robotic drawing board by Those ― Kickstarter

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
#「製図機ダン」を思い出した。
20:23 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
バタガイカ・クレーター
ロシア、シベリア東部のサハ共和国にあるバタガイカ・クレーターは、この手の穴としては最大級のうえ、今も広がり続けている。2017年2月に発表された最新の測定値によると、穴の直径は1km、深さは86mで、今後も大きくなっていくと予測されている。

- 中略 -

バタガイカ・クレーターは、シベリアの永久凍土が解けてできた穴だ。永久凍土とは、2年以上凍った土壌をさす。そして、永久凍土が解けてできた凹凸のある地形はサーモカルストという。

ふむ。
地下の氷が溶けて穴になるわけね。
火星も温めると同じことが起こったりするのかしら?
地球の場合は環境に与える影響が深刻だけれど興味深くはあるな。
浅いようなので「おーい でてこーい」が出来ないのが残念だ(爆)

参考
バタガイカ・クレーター - Wikipedia

おーいでてこーい ショートショート傑作選
おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)
21:08 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
東日本大震災から6年
東日本大震災6年 政府主催の追悼式 | NHKニュース

6年経ちました。
犠牲になられた方々に哀悼の意を表します。
そして,近い将来に我が国において必ず起きる大地震の際にできる限り被害が少ないことを願います。

参考
東日本大震災 - Wikipedia

関連
東北地方太平洋沖地震 - Kyan's BLOG IV (2011/03/11付)

東日本大震災爐△瞭瓩修靴6年: 記憶・生きる・未来
東日本大震災爐△瞭瓩修靴6年: 記憶・生きる・未来
20:25 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
ロータを回転させずに飛ぶヘリコプタ
【やじうまWatch】なんとも不思議? ローターを回転させずに浮き上がり、飛び去るヘリコプターが海外で撮影される - INTERNET Watch

むぅ・・・
理屈はわかっているし,動画は音も入っているのだけれど,静止したロータブレードが未知の力で重力に干渉して浮いているような錯覚さえ受けるな。
私が特ヲタだからだろうか?(笑)

camera shutter speed matches helicopter`s rotor - YouTube

関連
いずもに降りるオスプレイの写真 | Kyan's BLOG V
#写真でも結構不思議。

超常現象のつくり方
超常現象のつくり方
このエントリーをはてなブックマークに追加
21:25 | 科学技術一般 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
| 1/42PAGES | >>