DAILY ARCHIVES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
MONTHLY ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG

ABOUT
PROFILE
MOBILE
qrcode
BOOKS & HOBBYS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
夏への扉[新訳版]
夏への扉[新訳版] (JUGEMレビュー »)
ロバート・A・ハインライン
夏至 2017
「夏至と冬至」日照時間の逆転現象とは?(杉江勇次) - 個人 - Yahoo!ニュース

今日は夏至。
梅雨のさなかの日本列島では夏至の日照時間は冬至の時のそれより短いらしい。
それもそうかと思い至る。
考えることは大事だ。
良い記事をありがとう>杉江勇次さま

参考
夏至 - Wikipedia

夏至南風 (河出文庫)
夏至南風 (河出文庫)
11:19 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
続・アスガルディア
宇宙国家「アスガルディア」が2017年後半に軌道へ。憲法と最大150万の国民(データ)載せ、宇宙から地球を守る - Engadget 日本版

いよいよ最初の“領土”が宇宙に上がるらしい。
まだデータだけみたいだけれど。
ま,小さなことからコツコツとではあるな。
国民になりたい皆さんはこの機会にどうぞ。

Asgardia - The Space Nation
Asgardia: Press Conference. Next steps of Asgardia, the First Space Nation. - YouTube

参考
Asgardia (nation) - Wikipedia

関連
Asgardia | Kyan's BLOG V (2016/10/31付)

2001年宇宙の旅 宇宙ステーション
2001年宇宙の旅 宇宙ステーション
21:05 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
Dragon Resupply Mission
今回の「CRS-11」ミッションでは、ロケットには「ドラゴン補給船」が搭載されISS(国際宇宙ステーション)への物資補給を行います。このドラゴン補給船は、2014年に打ち上げられ一度地球に帰還し、再利用されたもの。

素晴らしい。
あと何回くらい使えるのだろう?
って,あまり欲張ってもいかんね。
自分の持ち物でもないし(笑)

Dragon Resupply Mission (CRS-11) | SpaceX

参考
SpaceX CRS-11 - Wikipedia

SpaceX’s Dragon: America’s Next Generation Spacecraft
SpaceX’s Dragon: America’s Next Generation Spacecraft (Springer Praxis Books)
22:04 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
事実上の偵察衛星
北朝鮮 日本版GPS衛星は「事実上の偵察衛星」 | NHKニュース

う〜む・・・
日本は「情報収集衛星」なる本物の偵察衛星で北朝鮮を見ているんだから,そっちを非難すればまだ格好はつくだろうに(藁
いろいろ拗らせているんだろうなと思う。
恐ろしいことだ。

関連
日本版GPSの打ち上げ成功で世界は恐怖に陥る?―中国メディア - Record China
#大国なのに中国もだよ(苦笑)

スカイネット 衛星ストラップ みちびき
スカイネット 衛星ストラップ みちびき
19:30 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
ストラトローンチが打ち上げ母機をロールアウト
CNN.co.jp : 世界最大の航空機公開、ロケットを空中輸送し発射 米

頭が二つあるやせっぽちの双胴巨人機。
独特のデザインセンスではありますね。
ああ,主翼の真ん中から二つにポキッと折りたい(爆)

Stratolaunch News

参考
ストラトローンチ・システムズ - Wikipedia

ドイツレベル 1/144スペースシップ2&ホワイトナイト2
ドイツレベル 1/144スペースシップ2&ホワイトナイト2
#同じような双胴機だけれどこれは折りたいとは思わない(笑)
19:46 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
H-IIAロケット34号機/みちびき2号機打ち上げ成功
日本版GPS衛星「みちびき」 打ち上げに成功 | NHKニュース

成功してなにより。
しかし,初号機は2010/09の打ち上げ。
どの程度寿命が残っているものだろうな?
国税を投入している事業。
有効に機能してほしいものだ。

JAXA | H-IIAロケット34号機 による「みちびき2号機」(準天頂衛星)の打上げ結果について
みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)公式サイト - 内閣府

参考
準天頂衛星システム - Wikipedia

関連
準天頂衛星初号機「みちびき」の打上げ成功 - Kyan's BLOG IV (2010/09/11付)

準天頂衛星システムと関連事業の将来分析 ―有望アプリケーション総覧―
準天頂衛星システムと関連事業の将来分析 ―有望アプリケーション総覧―
12:04 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
カッシーニが見た地球
土星の環から地球が見えた、NASAが写真公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

故郷は確かにそこにあると。
点にしか見えなくても。
探査機から送られてきた画像にそれを見つけたとき科学者達はなにを思ったのだろうな。
興味深い。

関連
カッシーニが土星と環の間の通過に成功 | Kyan's BLOG V
火星周回軌道上の探査機から見た地球と月 | Kyan's BLOG V (2017/01/15付)

故郷は地球―佐々木守 子ども番組シナリオ集
故郷は地球―佐々木守 子ども番組シナリオ集
22:13 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
ラハイナ・ヌーン
ハワイは緯度の関係で、太陽が真上に来る日(ラハイナ・ヌーン)が年に2回訪れます。

ラハイナ ハイナ ハイナ プリティー♪
って歌い出しの,杏里さんの「マウイ ムーン」を思い出したのは私だけでよい(笑)
南北回帰線の間で起こる現象か。
いわれてみれば納得はする。
そういえば,エラトステネスはシエネの井戸の底に夏至に太陽の光が届くのを利用して地球の大きさを測ったというのを中学の理科の時間に習った記憶がある。

参考
Lahaina Noon - Wikipedia
エラトステネス - Wikipedia

マウイ ムーン
マウイ ムーン
21:22 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
太陽フレア爆発の前兆現象の観測に成功
名古屋大学 宇宙地球環境研究所長の草野完也教授が参加する米国、中国、日本の国際共同研究チームは、太陽フレア爆発の前兆現象の詳細観測に成功した。この観測は、世界最大の太陽望遠鏡である米国ビッグ・ベア太陽観測所のニュー・ソーラー・テレスコープによる史上最高精度の太陽観測によって行われ、新たなフレア発生予測につながる成果として注目される。

致命的なことにならないうちに予測の精度を高めてほしいものだ。
時間が稼げればなんとかできる局面も多かろう。
そういえば,こういう研究にはどれくらいの予算が付いているのだろう?
ちょっと気になった。

世界最大の太陽望遠鏡によって太陽フレア前兆現象の詳細観測に成功【米中日の国際共同研究】 – 新学術領域研究 太陽地球圏環境予測

参考
Big Bear Solar Observatory - Wikipedia

関連
Kyan's BLOG III: 太陽活動極大で大規模停電の可能性 (2009/04/29付)

無常の月 (ハヤカワ文庫 SF 327)
無常の月 (ハヤカワ文庫 SF 327)
20:22 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(0) | permalink
カッシーニが土星と環の間の通過に成功
NASA/ESAの土星探査機カッシーニが、20年におよぶ活動の最終ミッション「Grand Finale」を開始しました。このミッションでは土星本体とその輪の間へと飛び込み、史上もっとも近くから土星や輪の内部を観測します。初回の"ダイブ"は4月26日に行われ、通信が回復した27日には土星の輪の内側からの写真も届きました。

最長で9月15日までを予定しているGrand Finaleミッションでは、22回にわたって土星の輪の内側を通過する予定。「最長で」と書いたのは、土星に接近するあまり、その重力に引き寄せられて大気圏に落下してしまったり、土星の輪の粒子がカッシーニの機器を破壊してしまう可能性があるため。

NASA/ESAはカッシーニが搭載するパラボラアンテナをシールド代わりにすることで輪の粒子の衝突からカッシーニを守ることを思いつき、土星の輪の内側約200マイル(約322km)、土星本体の雲からは1900マイル(約3060km)の位置を時速12万kmで通過した初回の"ダイブ"をみごとに成功させました。

まずは成功おめでとう>カッシーニと彼女の運用者の皆さま
それにしても22回にわたって輪くぐりか。
探査機は過酷だ。
それでも,所期の目的を達成することがそのように作られた機械にはなによりの喜びであろう。
彼女が無事に任務を全うできますように。

Cassini: The Grand Finale

参考
カッシーニ (探査機) - Wikipedia

関連
カッシーニが土星と土星の環の間を通過 | Kyan's BLOG V

Amazing Pictures and Facts About Saturn
Amazing Pictures and Facts About Saturn: The Most Amazing Fact Book for Kids About Saturn
このエントリーをはてなブックマークに追加
22:08 | 航空・宇宙 | comments(0) | trackbacks(2) | permalink
関連しているかもしれない本,DVD
| 1/50PAGES | >>